日向坂46「MTV VMAJ 2019」初受賞 MCでは英語にも挑戦

日向坂46が、18日に東京・新木場STUDIO COASTにて開催された年間の優れたミュージックビデオを表彰する音楽アワード「MTV VMAJ 2019 -THE LIVE-」に出演した。

 

同アワードでは、デビュー曲「キュン」で最優秀振付け賞を受賞した日向坂46。イベントではMCも務め、オープニングから全員で登場。トップバターのKing Gnuを紹介しイベントをスタートさせた。

 

その後、ステージの合間合間のMCコーナーでは、メンバーが数人ずつインタビューアーを務め、受賞アーティストたちを相手に初々しい司会ぶりを披露。12人組K-POPボーイズグループのTHE BOYZのMCコーナーでは、「Please tell me about receiving this award?(受賞したお気持ちはいかがですか?)」など英語でのMCにも挑戦した。

 

「ドレミソラシド」からスタートした日向坂46のステージコーナーでは、明るくはつらつとしたパフォーマンスで会場の雰囲気がガラリと変化。続いてアップテンポの「キツネ」で会場をさらに盛り上げると、「今日はこのようなステージに立てて本当にうれしいです。そしてMCをさせて頂けてとても光栄に思います。これからも日向坂46の応援をよろしく宜しくお願いします」と挨拶。

 

ラストは最優秀振付け賞を受賞した「キュン」。会場からは掛け声が響き、会場はこの日一番の盛り上がりを見せていた。

 

記事全文はこちら

 

引用元:モデルプレス

 

欅坂46の記事はこちら

keyakizaka46