『日向坂で会いましょう』制作会社ケイマックスの愛あふれるテロップの元ネタを探してみた

 日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京)総集編の3回目が、5月31日に放送された。新型コロナ渦を機にリモート収録に望んだMCのオードリーと日向坂46の面々。『ヒルナンデス』(日本テレビ)でいち早くリモート収録を経験したおかげか、オードリーの小気味よいMCぶりは番組を大いに盛り上げた。

 

 お笑いに意欲的な日向坂46メンバーのバラエティ能力も健在。むしろ怪我の功名と言うべきか、リモート収録のおかげで普段よりも積極的に笑顔を誘うような発言が増えたような気さえした。

 

 そしてなんと言っても『日向坂で会いましょう』を面白くしている大きな存在と言えば、番組を制作する「株式会社ケイマックス」にほかならない。というのも、同社の番組構成や動画編集を見ていると、制作スタッフが『日向坂で会いましょう』を大事に作り上げているのが窺えるからだ。この愛の深度は、いち視聴者として非常に嬉しくなる。

 

 とりわけ、番組中に入るテロップには小ネタが満載。調べない限りは、決してわからないであろう元ネタも数多く存在している。本稿ではその元となるネタの一部を筆者が調査。小ネタを知ることでより番組が面白くなること間違いなしだ。

 

記事全文はこちら

 

引用元:EXWeb

 

 

 

 

 

Twitterの反応

xiao lunyan 2020/6/4 22:20 フォロー
遂に元ネタ調査されてんじゃねーかwww 

 

若林ゲンゼイ◢͟│⁴⁶ 2020/6/4 21:02 フォロー
おひさまあるある言いたい
おひさまあるある言いたい
早く言いたい
おひさまあるある言いたい
早く言いたい
今から言うよ
ひなあいのテロップを理解するために
リトルトゥースになりがち〜

 

そろそろ編集凝りすぎて後戻り出来なくなってきたひなあいの編集スタッフから死人が出ないか心配してる

 

ひなあいスタッフのテロップ芸のネタの豊富さには敵わん

 

ひょろ長亭一番弟子◢⁴⁶ 2020/6/2 14:13 フォロー
日向あいのスタッフ
CGの作り込みハンパない

 

ひなあいは分からないことに対して「教えてください!」って前のめりな演者と「知らねぇよ!」って突っぱねる演者の両方が居ることでバランスとって、編集で視聴者に「この勉強したらもっと楽しめますよぉー?」ってくるからオタクの知的好奇心旺盛って特性に刺さったんだと思う。(オタク特有の早口) 

 

欅坂46の記事はこちら

keyakizaka46