【ビルボード 2020年上半期TOP Singles Sales】AKB48『失恋、ありがとう』が首位獲得 乃木坂46/Snow Man/SixTONES/日向坂46が続く

2020年上半期Billboard JAPANシングル・セールス・チャート“TOP Singles Sales”で、AKB48の『失恋、ありがとう』が1,423,467枚の売り上げを記録して首位を獲得した。

 

 本チャートは、2019年11月25日から2020年5月24日までの約6か月間のサウンドスキャンジャパンの販売枚数データを累計したものだ。AKB48は2019年年間シングル・セールスで『サステナブル』、『ジワるDAYS』、『NO WAY MAN』がトップ3を独占したが、2020年上半期もメジャー57作目のシングルである『失恋、ありがとう』が1,423,467枚を売り上げて、首位を死守している。

 

 2位は1,156,295枚を売り上げた乃木坂46の25作目のシングル『しあわせの保護色』が獲得。3位は957,973枚を売り上げたSnow Man vs SixTONESの『D.D. / Imitation Rain』、そして4位は896,415枚を売り上げたSixTONES vs Snow Manの『Imitation Rain / D.D.』と、表題曲を入れ替えたジャニーズの新人2組によるデビュー・シングルが上位を占めた。そして日向坂46の『ソンナコトナイヨ』が639,726枚を売り上げて、躍進する結果となった。

 

 

記事全文はこちら

 

引用元:ビルボードジャパン

 

 

 

 

 

日向坂46 『ソンナコトナイヨ』